葬儀における香典の意味

葬儀のことを「費用面」のクローズアップでのみ語る傾向があります。

日本の葬儀はコストがかさみすぎる、規模の大きい葬儀を出すのは時代遅れだといった意見です。

確かに少子高齢化が進み、忙しい現代社会ですから、葬儀は簡素に、短期間で効率的に行うのが時代にあったやり方だとされる風潮はあります。

千葉でも故人が社会で現役で活躍中でもなければ、こじんまりと家族などの身近な人だけで葬儀を執り行うというケースも少なくはないでしょう。

小規模で葬儀を行なえばそれだけ葬儀にかかるコストも低くなりますから、葬儀を小規模にという風潮は今後も主流になっていく傾向があるでしょう。

一方で、冠婚葬祭は助け合いの精神が根底にある日本文化です。

葬儀は出費部分は当然ありますが、一方でお香典の風習があるためお金が一切入らないというわけではありません。

お香典は本来は霊前・仏前にお供えするものです。

特に仏教徒でなくても葬儀の際はそれぞれの宗旨宗派に合わせたマナーで現金を持参するのが一般的です。

宗教的な意味合いよりも葬家に対するお悔みの気持ちをあらわすために持参している人がほとんどではないかと思います。

密葬や家族葬のように参列者の少ない葬儀はコスト面で安心と考える人もいますが、費用負担は逆に大きくなることを理解しておきましょう。

葬儀の費用は葬祭補助金、埋葬金などの名目で健康保険からも支給されますし、生命保険の中にも葬儀費用が支払われる商品があります。

いつかは対面する千葉での身近な人の葬儀に、あらかじめ貯金などの準備ができていないという人も、費用の全てをいきなり準備しなければいけないというわけではありません。